タミヤ ユーノス・ロードスター No.56

どうにかサブまで漕ぎ着けました。思ったより大変(爆)。。。


元々サフで埋まっていたような小傷が大量!に出てきていたので修正をしました。
ついでに、塗装した後に、トランクが少し浮き気味になっていたり、
ドアの内側が干渉して締まりが悪かったので、もう少しクリアランスを確保しました。怪我の功名(笑)。
まだまだ、修正が必要ですが、ようやくここまで。。。

お互いがそれぞれ満足できるようなツヤッツヤのピッカピカを目指そうと
ABSさんとコメントのやりとりをさせていただきました。
言ってはみたものの、このままの技量では、不安で仕方がありません。

プラ板で練習と思っていたところ、
梵さんに、車の玩具という選択肢を教えていただき、
早速ダイソーで4台ほど購入!
配送でジャンク買うより安上がりで手に入りやすくオススメです(笑)。
パーティングラインはえげつないですが(爆)。



ブログやSNSで、皆さんからアドバイスいただいた塗装の仕方を参考としつつ、
車の玩具を使って、塗装の練習を行っています。

湿った状態を維持しながら進めるように頑張っておりますものの、
まだまだ、ムラになったり、垂れたり、滲んだりです。
繰り返すことで、吹き付ける量や距離感、スピードを叩き込んでおります。
いつもは気にしないのですが、あまりにも酷すぎて、
流石に恥ずかしすぎるので写真は割愛(爆笑)。

そんな中、ひさしぶりに細かい工作もしたくなり、
これでググったらABSさんのブログにたどり着いたという
思い出のサンバイザーを作ってみました。


二つ折りでございます。私には開閉できそうにありません(爆)。
せめて、これに取り付け部分を付け加えようかな。

あっ、練習中に一つ分かったことがあります。
ブシュッ!を再現させてみました!

自分のいつもの一挙手一投足を思い浮かべ、
一つ一つの動作を意識しながら、拭いてみました。するとブシュッ!
再度、ハンドピースを洗浄して、吹き出し口の状態を確認しながら行いました。

私、吹き始めに、数回(多いと10回ぐらい)シュッとするのですが、
この時、塗装ブースに敷いているペーパーに向けて、
ハンドピースを下向きにして行っていました。
しかも、ボタンを押しきれずに引いてしまったり。
こうすると、ノズルからクラウンに微量の塗料が流れて溜まり、
これがブシュッの原因でした。
スッキリーーーーー!
これ以降、ブシュッ!しなくなりました(笑)。

塗装に入るには、もう少し時間がかかりそうですが、
慌てないように頑張りたいと思います。

コメント

日の丸航空隊さん

キット塗装に入る前は、必ず空吹きして塗料の出方を確認してくださいね。
それと、いきなりキットに吹き付けるのではなく、吹き始めたいところから少し離れた(3~4cmくらい)ところから吹き始めると最初の「プシュッ」は防げます。
塗料の霧を出しながらキットに持っていく感じです。(^^)
イメージ沸いたかな?

black?さん

Re: タイトルなし
日の丸航空隊さん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

はい!しっかり確認しないとダメですね。。。

イメージわきました(笑)。
しかも、大抵、塗りたいところから始めてたのですが、
スタートって難しく。外をスタートにすれば、
落ち着いた状態で入れますね。

オートビルダーSさん

blackさん、こんにちわ。
サフからやりなおして前よりすっきりした感じですね。
あせらずきれいに本塗装ができるといいですね。
サンバイザーはNA本来の二つ折り仕様で私のより凄いです(^^)
次の本塗装の更新が楽しみです。

ヒロシさん

そうそう、キットに吹く前に試し吹きは必ずやりましょう。
それとインターバルを置いて吹く場合、数分なら良いのですが30分とか1時間以上空ける場合は、カップの中の塗料をもう1度攪拌(まぜまぜ)しましょう。

black?さん

Re: タイトルなし
ABSさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

ははは。心もスッキリしました(笑)。
気を楽にして、行きまーす!

サンバイザー、雰囲気レベルですが、
私の原点なので、思いを込めて(笑)。

只今、塗装の練習をしております。
練習の成果をお見せできる日を、自分でも楽しみにしています(笑)。

black?さん

Re: タイトルなし
ヒロシさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

はい。しかも”なぁなぁ”じゃなくですね!

コンプレッサーの限界が30分!なので、よく放置プレイを・・・。
マゼマゼも忘れないようにします。

ありがとうございます!
非公開コメント

black?

プログラマー歴 三十余年。
ライダー歴 降りて十数年。
モデラー見習い歴 1年。
2019.05現在。