F-14 TOMCAT No.13

前回は、怒濤の終焉間際(笑)と言うこともあり、記事内容も「こんな感じ」などと、
さらっと流してしまい、正直なところ何だかなぁでございました(ペコリ)。

せっかく見に来ていただいている方にも失礼ですし、将来の自分に向けても、解説しとかねば。。。

まず、前回作ったものに、ほんの少し手を加え、一部は再考に回した状態が、こちら。


モーターのカバーとモーターの土台です。
ネジシャフトに着けてたキャップと、脇に着けていたプラ板を再考に回し、
後方部を少し弄ってあります。

まず、何よりも、肝心要なのが、モーターは、しっかり固定し、
極力高さを抑えなければならない、ということです。

って、それより、やっぱ、何回見ても、キットが、キチャなーい!
接着しては剥がしてを繰り返したので、どえりゃ~事になっております(笑)。

で、モーターのカバーはと言いますと・・・


右側モーターの金色の金具のところが、減速のためのギアボックスとなっており、
四角になっているのですが、ここを囲うようにします。

プラで囲うことで、
・後でキットと組み合わせる際、プラとブラの摩擦でしっかり固定されるのではないか。
・仮に接着することになっても、プラとプラの方が、強固になるのではないか。
・キットとの組み合わせにダボを作るとしても、プラになってる方がやりやすいのではないか。
・キット側の縦中央が盛り上がっているため、盛り上がりに合わせた方が安定するのではないか。
と考えてのことです。

また、モーター部分は、多少の熱を持つと思われるため、
日の丸航空隊さんにもご助言いただきましたが、放熱も意識しなければいけないので、
金具のところを囲うことにしました。

囲うための材料は1.2mmのプラ板と3mmのL型プラ棒を使用しております。
プラ板だけだと、角のところで合わせることになりますが、強度が心配だったため、
角部分をL型のプラ棒にしました。
組つぎとか出来ると大工さんみたいに格好いいんだろうなぁ(笑)。

最後に、上の角が、キットに干渉するため、角を落としました。

モーターに装着すると、こんな感じです。


次にモーターの土台です。


囲ったモーターを横から抑えつけるように、再登場の3mmのL型プラ棒を白タミヤで接着後、
瞬着をたんまり盛りつけて固定しました。瞬着・・・盛りすぎました。。。
L型にしたのは、配線のスペースを確保したかったのと、キットに仮であててみたら、
思いの外、しっくりしたためでございます(笑)。

後方部には、下から、またまた登場のL型プラ棒、細い0.5mmのプラ板、2mmのプラ角棒となっております。
L型のプラ棒は、キットに傾斜があるため、モーターの底を上げて、傾斜を無くすことと、
後ろ側にモーターが押し出されないようにするためです。
その上の細いプラ板もプラ棒も、同じく後ろに押し出されないようにするためです。

実は、ここが一番悩んで苦戦しました。

どの位、底を上げればよいのか、どうやって上げるか。
リード線が着く電極部分に空間を設ける必要があるがどうするか。
後ろに押し出されないように、強固にするにはどうするか。

悩んだあげく、最終的にL型プラ棒の片面をヤスって高さを調整。
一番上はプラ棒がキットに引っかかるようにし、
真ん中は、細いプラ板をあてがって、電極部分の空間を生み出しました。

ここからは、3つ目のパーツ作りになります。

出来上がったものが、こちら。


簀の子では、ありませんよーっ(笑)!
レールの土台となります。

組み合わせます。


斜めから。


ここは、出来る限り高さを出さないよう、でも、キットの盛り上がりを打ち消すよう、
そして、傾斜を無くすことを考えて作りました。

1枚の板でやると、盛り上がりの上に板が乗るので、高さが出てきてしまうため、2枚の板をつかいました。
その代わり、両端をプラ板で繋いで、1枚のように安定させております。
モーターに近いところは下側を、離れたところは上側を繋いでいます。
モーターに近いところを下側にしたのは、スイッチやレールをモーターのギリギリまで持って行くためです。

傾斜は、深いところから、1.8mm、1.5mm、1.2mmと、プラ板の切れ端を細く切って、土台の足にしました。
現物合わせで、少しヤスって調整して、ネジシャフトと出来る限り平行にしています。

というわけで、出来上がった3つのパーツ。


こうしてパーツを作る感じで進めると、後戻りが楽に進められて良いですね。
この進め方、ploverbellさんのブログが、すごく役に立ちましたぁ。
後は、ダボなどを作って、組み直しても揺るがないようにしないと。。。

ここから先は、レールと、翼をつなぐ部分を作る作業に入ろうと思っています。

こんぐらいの高さに落ち着くはずなんですよねぇ。。。


土台から4.4mm程の高さのある空間を使って、どうするか。

翼に上下の膨らみがあり、引っかかりの原因だったようですので、
引っかからないような構造を考えて進めていかないと。。。
なんとなくのイメージはあるんですが・・・

でっきるかぁ。でっきるかな。はてはて、フムーッ!(ハテフムー)
でっきるかな。でっきるかな。さてさて、ホホーッ!(サテホホー)
でっきぃーっ、るっかぁーっ、なぁ~っ!(できるかな?)

ノッポさんとゴン太くんに、協力をお願いしたい。。。

コメント

日の丸航空隊さん

もの凄くスッキリしましたね。
「宮大工」、「船大工」も真っ青でしょう。(^^)/
主翼の「膨らみ」部分の工作が解決すれば、GO!サインですね。

胴体の中は見えないから「キチャナク」ても良いのだ。
ノッポさ~ん、ゴン太く~ん!
ドラえも~ん!
みんな来て~。(^^)/

オートビルダーSさん

おはようございます。
だんだんよくなってきてい…
るんですよね(笑)
私はドア開閉もやったことがないので、モーター可動式の翼となると、正直よく分かりません。
今回の可動式に関しての構造的なことも、ほとんど理解せずに拝見していますが、
ですが、black?さんの尋常ではない粘り強さには感心しきりです(^^)

ヒロシさん

かなりいい感じになってきている気がします。
プラ版で作った土台などもきれいですし、多分上手くいくと思いますよ~
頑張ってください!

black?さん

Re:
日の丸航空隊さん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
お返事遅くなりました。。。ペコリ。

真っ青にさせてみたぁーい(笑)!

そうなんですよー!この膨らみが!
少しでも干渉すると、バキバキっていっちゃうんですよねぇ。。。

ですよね。見えないですもんね!

ドラえもんがいたら、最高ですね!
スモールライトで、実機を小さくして・・・
ん?あれ?も、模型の楽しさが・・・爆笑!

black?さん

Re:
ABSさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
お返事遅くなりました。ペコリ。

段々、良くなってきてい・・・
る気がする~っ(笑)。本当かな。。。(爆笑)

自分の進んでいる方向が合っているのか怖いっす(笑)!
まぁいいっかぁ!の連続でして。。。

私、根に持ったり、未練がましかったり、
ズルズル・ネバネバなタイプです(爆笑)。

black?さん

Re:
ヒロシさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
お返しが遅くなりました。ペコリ。

行きますよね!うまく行きますよね!
ヒロシさんが、言うんだから間違いないですね(ニコ)!

と、うまく行かなっかたら、ヒロシさんになすりつけて。。。
嘘です!冗談です!失礼いたしました!!!笑。

頑張りマッスル!
非公開コメント

black?

プログラマー歴 三十余年。
ライダー歴 降りて十数年。
モデラー見習い歴 1年。
2019.05現在。